The Next Clinic
HOME「リバイタル・リアクション」について

「リバイタル・リアクション」について

ネクストクリニックでは、お薬で症状を抑え込むのではなく、
先端医療とエネルギー(気)療法を組み合わせ、双方のメリットを引き出しながら、
おひとりおひとりが本来持っておられる生命力や免疫力を高める治療を行っています。

このため、「気」を整える治療の後、時々ですが、
「ダルい」「眠い」「熱感がある」「悪寒を感じる」等、違和感を訴える方がおられますが、
これは、温泉に入った後に起こる「湯あたり」に近いもので、ご心配には及びません。

心身ともに深いリラックスへと導く温泉は、古くからさまざまな効能が認められ、
民間療法として長く愛されてきました。
湯船に体を沈めることで体全体に水圧がかかり、
全身がマッサージされているような状態になるとともに、
有効成分の含まれたお湯でゆっくり温まることにより、新陳代謝がよくなり、
デトックス効果もあるとされています。

しかしながら、いわゆる「湯治」の効果が出始める2、3日~1週間くらいのタイミングで、
時おり、「ダルい」「頭が重い」「めまいがする」「寒気がする」といった症状が
出ることがあり、「湯あたり」と呼ばれています。
これは心身が生命力を取り戻し、回復してゆくプロセスで起こる生体反応です。

たとえば、風邪をひいて熱がでるのも、回復のためのリアクションのひとつ。
高い熱はとても辛いものですが、
実は、ウイルスを死滅させるために必要な正常な反応であり、
一種の浄化作用とも言えます。

ネクストクリニックでは、卓越した技術によって、
短時間で心と体の「気」を整え、生命力を回復させてゆきます。
このため、ごく稀にですが、
長期の湯治で発生する「湯あたり」に近い反応を示す方もおられるのです。
これは、お身体が力強く回復しようとしている証でもあるのですが、
もし、あなたにとってその状況が「ツライ」ものでしたら、
どうぞ我慢せず、医師や療法士にご相談ください。

深いアプローチでスピーディに変化したい方、
穏やかな施術でゆっくりと変わってゆきたい方、
お気持ちも状況もひとそれぞれです。
ネクストクリニックでは、おひとりおひとりと対話を重ね、
あなただけのオーダーメイドの治療プランをご提案させていただきます。